ネットで恋活婚活応援サイト

今すぐ彼氏彼女が欲しい人の応援サイトです

男性完全無料のマッチンアプリをおすすめできない理由

マッチングアプリを使った出会いが当たり前になってきました。

 

一昔前ならネットで出会うのは危険だとか、きっかけがネットだと恥ずかしいとか思われていた時代もありました。

 

ネット社会の先進国であるアメリカではネットで恋人を探すのが主流になってきているし、日本でもSNSを通して知り合った外国人とのエピソードがテレビ番組で紹介されるなどネットの出会いが普通になってきました。

 

気軽に使えるマッチングアプリもずいぶん増え、そのほとんどを女性は無料で使うことができます。

 

反対に男性は3,000円前後の月額料金が必要です。

 

この違いは何なのでしょうか?

 

男女平等が叫ばれて久しい世の中です。

 

男女雇用機会均等法の下、給料だって同じ年数勤めていたら同じはず。

 

合コンや飲み会などの参加費が女性の方が安いことが多いのと同じ理由なのでしょうか。

 

それにしても男性が3,000円で女性がと無料というのは格差ありすぎやしませんか。

 

男性だってただで使えるならその方がいいに決まっています。

 

恋活・婚活はアプリ代だけでなく、デート代、おしゃれをするための衣装代など何かと出費がかさむわけですから。

f:id:ninkatsujuku:20180325232138j:plain

 

そこで女性無料、男性実質有料が当たり前になっているマッチングアプリ界の仕組みにメスを入れ徹底的に解明いたします。

  

男性完全無料のマッチングアプリはやっぱり危険だから使わない方が良い

 「男性無料」の宣伝文句はやっぱり魅力です。

 

まずはお試しで利用するならやっぱり「無料」がいいですものね。

 

世の中たくさんの出会い系アプリが出回っていますが、そのほとんどが実際に出会うことが出来ません。

 

理由の一つがサクラです。

 

雇われたアルバイトが女性会員になりすましメッセージのやり取りを行っているのです。

 

男性としてはすぐにマッチングして女性とメールのやり取りを行えたらうれしいのでどんどんメール交換をします。

 

無料ではメール交換の回数に制限があるので、課金して続けることになります。

 

サクラはプロなのでメール交換が続くように男性を喜ばせるような文章を書きます。

 

「もっとあなたのことを知りたい」「あなたと会いたい」などと言って何回もメール交換をしないといけないのでその都度ポイントが消費され結果お金がかかります。

 

サクラとはデートの約束もできますが、当日になると都合が悪くなることが多いです。

 

待ち合わせの場所に行くまでにも何度もメールのやり取りをしてついに会えないなんてことはざらです。

 

これが一人の相手とだけじゃなく複数の相手と行うのです。

 

男性としては何とか会いたいわけだからどんどん課金します。

 

会えないことが続いても「今度こそ」と思って続けるわけです。

 

一種の中毒症状かもしれません。

 

出費がかさみ、限界がきてやめたとしてもその時点で数万円~数十万円使ってしまったなんてことにもなりかねないわけです。

 

このようなことにならないようマッチングアプリを選ぶ際には出会える実績があり、安心できるものを選ばなければなりません。

 

 男性が無料で出会える可能性の高いマッチングアプリ

 完全無料ではないけれど、男性が無料で出会える可能性のあるアプリをご紹介します。

 

完全無料はないけど無料出会えるってどういうことかと言いますと、登録した時点でもらえるポイントを使うのです。

 

だいたい1,500円分ぐらいもらえるので十分出会える可能性はあります。

 

つまり最初のお試し期間で出会いましょうということです。

 

複数のマッチングアプリに登録することで会える可能性が高まります。

 

  

ハッピーメール

 f:id:ninkatsujuku:20180325161020p:plain

 <ハッピーメールの特徴>

 ◆日本最大級の会員数を誇るマッチングサイト

◆目的に応じて使える掲示板機能

◆2000年創設のサイト運営実績

 

Jメール 

f:id:ninkatsujuku:20180325161503p:plain

< Jメールの特徴>

◆会員数600万人を突破!

◆ファッション雑誌への出稿など、女性の集客にも力を入れています。

◆カスタマーサポートは24時間対応、迷惑行為などを通報できる機能も備わっており安心して利用できるコミュニティサイトです。 

 

 

PCMAX

f:id:ninkatsujuku:20180325161907p:plain

 

<PCMAXの特徴>

◆会員数1000万人突破の日本最大手の出会いマッチングサービスです。

◆創設から10年以上のサイト運営実績

◆安心・安全をモットーに出会いのサービスを提供しております。

◆365日体制での有人による運営・サポート

◆業者などを徹底排除・もちろんサクラは一切無し

 

イククル

f:id:ninkatsujuku:20180325162222p:plain

<イククルの特徴>

◆会員数は国内最大級の1000万人を突破

◆2000年から運営の老舗出会いサービス

◆マッチングアプリにはない「掲示板機能」で即日会える

 

ワクワクメール

f:id:ninkatsujuku:20180325162553p:plain

<ワクワクメールの特徴>

◆会員数650万人超!

◆創設2001年の出会い総合コミュニティサイト

◆24時間365日体制で常時サポート・パトロール監視業務実施

◆「BLENDA」「egg」「Fine」「KATY」「ranzuki」「小悪魔ageha」「an」「huppie nuts」「JELLY」など多くの女性誌に広告を掲載

 

 

できるだけ安く効率的に出会いたちならおすすめマッチングアプリを3か月以上のプランで使ってみよう

 完全無料で使えるマッチングアプリはサクラや業者がいる可能性が高く危険です。

 

無料だけど出会えないばかりか変なサイトに誘導されてしまっては余計な出費をしてしまいかねません。

 

また時間ばかり浪費してしまっては女性に出会いたいというモチベーションの低下につながってしまいます。

 

ポイントを使って無料で出会う方法をご紹介しましたが、メール交換できる女性の人数にも限りがあり、出会える可能性も高くありません。

 

 そこで一番のおすすめはまじめに恋活・婚活する女性と出会える可能性の高いマッチングアプリを安く使う方法です。

 

「長期プラン」で信頼できるマッチングアプリをできるだけ安く使う

マッチングアプリの決済の方法は

★アプリ内からのキャリア決済

★クレジットカード決済

★ビットキャッシュ

などがありますが、クレジットカード決済が一番安いです。

 

ちなみにキャリア決済とは

クレジットカードを持っていない人でも支払いができ、マッチングアプリなどの有料コンテンツの料金を月々の携帯使用料と一緒に支払う方法です。

 

ビットキャッシュは電子マネーで、オンラインゲームやインターネットショップの支払いに使えるネットのお金です。

コンビニや郵便局、あるいはインターネットで購入することができます。

 

おすすめマッチングアプリのプラン別支払額一覧表

  (1か月あたりに換算。単位円、いずれも税込み)

 f:id:ninkatsujuku:20180325163850p:plain

 できるだけ無料かそれに近い会費で出会いたいものですが、実際にはなかなか難しいです。

 

「会える」と評判のマッチングアプリでも1か月で成果を出せるとは限りません。

 

一人、二人と出会うことが出来ても交際が続くとは限りません。

 

何人も出会って、その中から本当に相性のいい人を見つけていくことが一般的です。

 

そのためには3か月プランぐらいで試して、だめなら違うアプリに変えてみる。

 

結果が伴っていてもう少しそのアプリを使い続けたいなら6か月、12か月プランに切り替えるというのがおすすめです。

 

ペアーズ

<ペアーズの特徴>

◆国内最大級の規模と実績がある恋愛・婚活マッチングサービス

◆累計会員数600万人突破

◆累計4,300万マッチング突破

◆毎日約3,000人が登録

◆結婚された夫婦・交際に至ったカップルの実績多数

 

 with

<withの特徴>

◆メンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービス

◆男女比は6:4と、アクティブな女性ユーザー比率が高い

◆独自機能として性格診断イベントがあり自分の価値観と100%一致する異性を見つけられる

◆見た目や条件以外にも「恋愛における価値観」や「気が合う度合い」で検索可能

◆遺伝子レベルで自分と相性のいい人がどんな人だか気になる方へもおすすめ

 

 マリッシュ

<マリッシュの特徴>

◆色々な恋と婚活を応援するマッチングサービス

◆恋活、婚活、再婚、シンママ婚、年の差婚など、お一人お一人の色々な恋と婚活を応援

◆特に再婚、シングルマザー、シングルファザーの方などが優遇でご利用

◆24時間有人サポート

◆Facebook連携なくてもOK

◆匿名での登録もOK

◆月額制とポイント制のどちらでもOK

 

 

男性のみ有料である理由を知れば納得してマッチングアプリの会費が支払える!

ここまで男性無料のマッチングアプリは危険だから使わない方がいい理由を述べて、どうしても無料で出会いたい場合はポイントの範囲内で使うこと、無料は諦めて評判のいいアプリを安い料金プランで使うことを推奨してきました。

 

ここからはマッチングアプリが男性のみ有料である理由を具体的に探っていきます。

 

これを読めば優良な女性会員を集めて出会えるサイトにするために男性有料というシステムは致し方ないと納得して会費を納めることができるようになるのではないでしょうか。

理由1.アプリの会員を増やすには広告宣伝費用が必要だから

マッチングアプリは当然ですが会員がいないと運営が成り立ちません。

 

登録した会員すべてが積極的に行動するわけでなく、多くの人はちょっと試しただけでやめてしまいます。

 

世の中たくさんのサイトがあるので次々と登録サイトを変える人もいるでしょう。

 

最初熱心でも1~2か月もたてば疲れたり、飽きたりしてなかなか続きません。

 

半年続いても相手が見つからなかったら「やーめた」となってしまいます。

 

熱心に恋活・婚活に取り組んだ人も理想の相手が見つかったら当然退会します。

 

こんな状態だからマッチングアプリの会員の登録から退会まではひじょうに早いサイクルで動きます。

 

ですから運営会社は次々と新規の会員を獲得しなければなりません。

 

そうしないとサイト内が活性化しないのでアプリの評価が下がってしまって会員離れが加速してしまいます。

 

それも数十万人から数約万人の規模で人を集めないといけないのです。

 

これは中規模から大規模の都市に匹敵する数字です。

 

日本の人口が1億2千万人として、老若男女、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまでいる中で、恋愛や婚活がしたい世代だけが狙いです。

 

結婚している人や恋人のいる人は除いて、相手を探している人その中でマッチングアプリを使ってそれをしたい人にターゲットを絞って集めたわけですから相当な数です。

 

そのためには広告が不可欠です。

 

無料会員だけでは広告宣伝ができないのでこれだけの人数を集めることが出来ません。

 

会員になろうとする人は口コミや評価のサイトなども参考にしますが、日ごろ目にする広告の効果は絶大です。

 

インターネットを検索していると広告宣伝を多く目にします。

 

ネット上には検索する人の興味のある広告が掲載されるように設定されており、次々に情報が入ってきます。

 

検索したり、情報を集めるために読んだサイトの隣に興味深い写真や文字があるとついついクリックしてしまいます。

 

人はたいてい1回や2回目にしただけで購入したり、登録することは少なく何回も繰り返し情報をインプットする中で、商品や登録サイトへの疑いや抵抗がなくなりそれを手に入れようとして行動するのです。

 

これはネット上に限ったことでなくテレビや新聞広告、電車のつり広告、看板なども同じ効果を発揮します。

 

ですからマッチングアプリの運営会社も数多くの会員を確保するためには広告・宣伝が欠かせませないのです。

 

理由2.女性は無料じゃないと集まらないけど、男性はお金を出してでも女性を手に入れたい生き物だから

 女性が告白したり、プロポーズすることを「逆告白」とか「逆プロポーズ」というように「告白」や「プロポーズ」は男性がするものという風潮が昔からあります。

 

女性だって恋愛や結婚をしたいわけですが、その表現の仕方が男性とは異なります。

 

あくまで一般論ですが、女性はおしゃれをしたり身なりをきれいにすることで男性のアプローチを待ちます。

 

男性は女性を養っていけるだけの甲斐性を持ち、時に力や権力などを手にして、あるいは優しさなどを武器にして女性にアプローチします。

 

デートに誘うことは男性の方が多いし、デート代も男性が持つことが多いです。

 

パーティや合コンや飲み会でも男性の方が会費が高かったりします。

 

とにかく男性はあの手この手で女性を手に入れようとするわけです。

 

女性はより理想的な男性に声をかけてもらえるよう自分磨きをするのです。

 

もちろん自分からアプローチする女性もいますが、全体的には男性は積極的に行き女性は受け身的であることが多いです。

 

さらに「お金を出してでも」という条件を付けると男性の意欲行動力は女性を圧倒します。

 

そういう男女の性(さが)の違いからマッチングアプリは女性が無料、男性が有料というシステムになっているのです。

 

アプリ運営会社の利益を考えると両方有料にするか女性もせめて男性の半分ぐらい納めてもらったらと考えがちですが、そうすると女性の会員が集まらなくなります。

 

何故なら女性も有料のアプリより、女性無料のアプリが世の中圧倒的にたくさんあるわけだから、女性は無料の方に流れてしまいます。

 

条件が同じか、ほとんど違いがなければ女性は無料のアプリを選びます。

 

一部女性も男性と同額の会費が必要なアプリもありますが、登録に厳しい審査があり真剣に婚活をしている人限定などの「売り」がある特殊なサイトに限られています。

 

多くのマッチングアプリは女性が無料なので、有料では女性の会員が集まりません。

 

女性が少なければ男性もそのアプリには登録しなくなります。

 

よく出会えるサイトというのは男女比が6:4ぐらいまでです。

 

女性を有料にしたらその割合が7:3とか8:2とかになってしまい、男性にとっては超イケメンとかハイスペックな人しか相手を見つけられず、そのサイトは「出会えない」ということになり、運営が立ち行かなくなります。

 

ですから基本的には男性が有料、女性無料というシステムが一番会員を集めやすいのです。

 

男性にとっては一見理不尽とにも見えますが、このシステムの方が女性が集まりやすいということは男性が本来の目的である「女性と出会える」わけだから、男性にとってメリットがあると考えてはいかがでしょうか?

 

女性は使い勝手がよければ「恋人や旦那をこのサイトで見つけたよ」と口コミで知り合いに広げてくれます。

 

そうするとますます男性にとって女性を見つけやすい条件が整ってくるというわけです。

  

理由3.業者やヤリモクなど難ありの人を排除して、本来の目的だけが集まれるよう健全に運営するため

 多くのSNSサイトがそうであるようにマッチングサイトには必ず一定数「難ありの人」が集まります。

 

その内「業者」とはエロサイトなどに誘導し登録させてお金を稼いだり、出会った後で恋愛商法やネットワークビジネスに誘く人のことです。

 

またヤリモクとは体を目的として、出会ってすぐに体の関係を作ろうとする人です。

 

詳しくはこちらに書いています↓

 netdekonkatsu.xyz

netdekonkatsu.xyz

 

このように本来の目的以外の利用の仕方をする人を排除するにはサイト上のやり取りを24時間365日監視する必要があります。

 

ほかのサイトに誘導しようとする記述があれば削除して警告を発しなければなりません。

 

真剣な恋活・婚活を目的に作られたサイトなら、あってすぐエッチをすることを目的とした記載も警告です。

 

他人の誹謗中傷などもチェックする必要があります。

 

メールだけでなく、写真やプロフィールなども監視しなければなりません。

 

会員からの通報やメールのやり取りに怪しい記述があれば警告を発したり、場合によっては強制的に退会させるなどの措置をします。

 

通報する方もされる方も大切な会員ですから慎重に判断する必要があります。

 

判断できるのは最終的には人の目になります。

 

何十万人何百万人いる会員の人が毎日やり取りをするわけですから相当大変な作業になります。

 

たいていの運営会社はセキュリティチェックを専門の管理会社に委託しています。

 

チェックを厳しくすればするほどお金がかかります。

 

チェックが甘くなれば「難あり」の人が活動しやすくなりアプリの評判が落ちてしまい結果として会員離れにつながりますから、セキュリティのチェックは不可欠というわけです。

 

理由4.サイトデザイン更新、機能の追加などアプリの充実を図るため

マッチングアプリの機能はかなり充実しています。

 

例えばペアーズで異性を検索すると一人一人のプロフィールを詳しく見ることができます。

 

写真の横に緑のマークは今ログインしているという印です。

 

左下には四角いチェックボックスがあり、複数人に「いいね!」を送るときに使います。

 

男性はプレミアムプランに入っていると女性がもらっている「いいね!」の数をチェックすることができます。

 

ちなみに女性は最初から男性の「いいね!」数を知ることができるようになっています。

 

意外と便利な「お気に入り」機能

 気になる異性は「お気に入り」に入れておくことで次回から検索の手間が省けます。

 

気に入った異性には「いいね!」を送りたいのですが、むやみやたらと送ってはポイントを消費してしまいます。

 

そこでいったんプロフィールを見て「足あと」をつけておき、「お気に入り」に入れてしばらく待ちます。

 

相手からも「足あと」がつけばプロフィールを見てもらえたということなので、それから「いいね!」を送ります。

 

ペアーズも公式HPで「足あと」のついた相手の方がマッチング率が上がると言っているのです。

 

 「コミュニティ」機能を活用してマッチング率を高める

「コミュニティ」をクリックすると所属している異性を確認することができます。

 

「コミュニティ」を見ることでどんなことに興味があるのかが分かります。

 

プロフィールだけでは分からないその人のことが理解できるし、メール交換をする時の話題にもつながるので「コミュニティ」はかなりうれしい機能であると言えるでしょう。

 

ペアーズではマッチングしている人の8割は20以上のコミュニティに参加しています。

 

「コミュニティ」は自分で作ることもできるのです。

 

作った人は管理人となり、いつも一番上に表示されるのでたくさんメンバーのいる管理人だと検索されやすくなるというメリットがあります。

 

なお、コミュニティは異性からは分からないようになっているので不必要に自分のことを知られない配慮がうれしいです。

 

ペアーズコミュニティの詳しい説明 ↓

netdekoikatsu.hatenablog.com

 

 

withの「好みカード」を活用するとマッチング率が数倍に

むやみやたらと「いいね!」を送ってもなかなかマッチングしませんが、withの「好みカード」を使うことで数倍に跳ね上がったという報告もあります。

 

まずは「グルメ」「お酒」「音楽」「アニメ/マンガ」「映画」「旅行」などのカテゴリーを選びます。

 

「グルメカテゴリー」だと「肉が好き」「ラーメンが好き」「辛い食べ物が好き」

「スイーツが好き」など具体的に選びます。

 

「好みカード」の便利なところはプロフィールに「共通点」の数が掲示されるところです。

 

この「共通点」がそのままマッチングのしやすさにつながり、その後の共通の話題にもなるため、「メールの話題が…」と悩んでいる人にも手助けとなることでしょう。

 

withはDaiGoさんが監修の性格診断が充実

 心理学や統計学を駆使したコンテンツが豊富にあり、「当たっている」「面白い」

と評判です。

 

従来の診断系よくある質問形式ではなく、好みの色やシチュエーションなど一見関係なさそうな内容から診断するなど、DaoGoさんらしい内容です。

 

見た目や今までの先入観からの好みではなく「遺伝子レベル」から相性のいい人が見つけられるというわけです。

 

マリシュには「バツイチ」、「シングルママ」、「シングルパパ」にも優しく使いやすく随所に配慮がみられる

 2016年11月に設立したマリッシュはいわばマッチングアプリの後発組です。

 

会員数も半年たった2017年5月現在で6万人、1日当たり330人が新規登録している計算になります。

 

一般の婚活ではフォーカスされにくい「再婚」、「シングルママ」「シングルパパ」を優遇していることも特徴と言えます。

 

個人情報を扱う社員がJPAC(一般社団法人日本プライバシー認証機構)の資格を取り、法律や制度が変わるごとに更新するなど徹底した体制で運営しています。

 

いつも同じ会員が上位表示されることのないよう複数のアルゴリズムで上位表示を決定しています。

 

特に上位表示されやすい条件は次の通り

★プロフィールが充実している

★プレミアムオプションに加入している

★ログイン頻度が高い

★再婚・シンママ/パパ

 

 

サイトのコンテンツ自体はシンプルだけど「利用目的」の詳細がうれしい

マリッシュの「特別プロフィール」の項目に「利用目的」を選ぶ項目があります。

★まずは友達を増やしたい

★恋人を見つけたい

★結婚前提の人を見つけたい

★結婚相手を見つけたい

★いろいろ見つけたい

 

「結婚相手を見つけいたい人」にとっては「まずは友達を増やしたい人」は軽く映ってしまいます。

 

「ヤリモク?」なんて感じる人もいるし、より真剣な交際を求めている人にとってはこういうところが「痒い所に手が届く」機能なのです。

 

 

理由イベントやパーティを主催するため

婚活アプリ主催のイベントが注目されています。

 

アプリ主催だから会員のニーズを的確に把握したイベントが開催でき、会員同士だから話題も広がりやすいと評判です。

 

ネット上でのやり取りだけでなく実際に会って恋活・婚活を楽しめます。

 

お互い同じアプリのユーザーということでの親近感もあります。

 

イベントで出会ってアプリでマッチングということもできます。

 

「いいね!」をくれた人やすでにマッチングした人とイベントで実際に会って印象を確かめることも可能です。

 

アプリの公式サイトにもアップされますが人気が高くすぐに締め切られるのが玉に瑕。

 

だけど多くのマッチングアプリがイベントやパーティを企画しているので目ざとく情報をキャッチして参加してみましょう!

 

会員は参加費無料ということもあります。

 

出会いは数が勝負です。

 

マッチングアプリ主催のイベントに参加することでネットの出会いとリアルの出会いの両方のよさを生かせるのです。 

 

理由5.サーバーの容量を大きくしたりメンテナンスを行うため

Webサイトは一度にたくさんに人がアクセスします。

 

一つのサイトにアクセスが集中するとサーバーがダウンしてしまうことはよくあることです。

原因は

★利用者の長期的な増加

★時間帯による変化(平日の夜はアクセスが増える)

★テレビ等による一瞬の拡散により劇的にアクセスが伸びる

などです。

 

マッチングアプリは何十万、何百万人という会員が登録し、四六時中メッセージの交換が行われています。

 

土日や平日の夜はアクセスが増えます。

 

また広告・宣伝の効果により会員数は伸びていきます。

 

画像はもちろん音声や動画まで送れるサイトもあり、サーバーへの負担は相当なものです。

 

会員数が多くてもすぐに固まってしまうようなサイトでは使い勝手が悪くすぐにユーザー離れにつながってしまいます。

 

そうならないようにしっかりとした機能を有したサーバーを使い、メンテナンスを行えるエンジニアを雇う必要があります。

 

こんなところにも費用が掛かってくるというわけです。

 

 

会員登録は無料だが課金することで理想の女性に出会える可能性が高まる

安価に出会えるならそれに越したことがありませんが、安全かつ効果的に出会いたいわけです。

 

自分で探していたら何年かかるか分からないことをマッチングアプリなら小遣い程度の出費をすることにより短時間で何万人、場合によっては何十万人という候補の中から検索して見つけることができます。

 

女性と出会って関係を深め、恋人や結婚相手を見つけるというプロセスを上記のような機能によってサポートしてくれるわけだから考えようによっては格安ととらえられます。

 

アプリの運営会社にとってはビジネスであるわけだから当然儲けが必要になります。

 

月々の登録料×有料登録者数+広告収入等が売り上げとなるわけですから、相当な巨大ビジネスであることが伺えます。

 

社会的認知度も高まり今後も発展していくことでしょう。

 

ペアーズの開発者は「アプリで出会ったことを結婚式で堂々と言える」文化を作っていきたいというようなことを話しておられます。

 

実際にそうなっているとも言えるし、その時代がそこまで来ているともいうことができます。

 

インターネットの普及は人々のコミュニケーション、出会いの方法、ビジネスのあり方等に様々な変化をもたらしました。

 

マッチングアプリという一大ビジネスのあり方は時代を反映した現代人のニーズに応じた産物であると言えるのです。