ネットで恋活婚活応援サイト

今すぐ彼氏彼女が欲しい人の応援サイトです

ネット婚活なら条件付きでタバコ吸う人を探せるはず

婚活では圧倒的に不利な状況に追い込まれているタバコ愛好者たち

タバコを吸うことは婚活上不利になることは間違いありません。

 

ある調査によると女性の8割がタバコを吸う人とは結婚できないと答えているし、男性の4割もタバコを吸う人は恋愛の対象としては見られないと答えています。

 

予想通りというかなんというか…。

 

マッチングアプリに登録しても「タバコを吸う」にチェックしたとたんマッチングの候補者が1割以下に減ってしまいます。

 

とことん嫌われているのが現実です。

f:id:ninkatsujuku:20180329232159j:plain

 「たばこ 婚活」をネットで検索してもほとんどの記事が「タバコを吸う」ことが婚活上マイナスになるという内容です。

 

繰り返し言いますが「タバコを吸うこと」は婚活をする上で圧倒的に不利になります。

 

もちろんタバコを吸っている人も結婚しています。

 

タバコを吸うけど恋人がいたり、異性にもてる人もたくさんいます。

 

そういう人はこれ以上読み進める必要なないし、そもそもこのサイトにたどり着いていないと思います。

 

婚活で相手を探すというのは条件を絞ったところから始める行為です。

 

学校や職場、趣味の集まりで出会った人と友達から始まって恋愛に発展し、結婚へとステップを踏んでいくプロセスとは全く別の手順を踏んでいくのです。

 

恋愛であれば好きになった人がたまたまタバコを吸っている場合やタバコを吸っていると分かったうえで好きなるということはあります。

 

できれば吸ってほしくないと思っていても好きになってしまったので、タバコには目をつむり、結婚するということもあるわけです。

 

ところが婚活では最初に条件を入れるわけです。

 

ここの部分が根本的に異なります。

 

結婚相手を探すための活動、つまり婚活をしているけど「タバコ」が原因でなかなか相手が見つからない人、今回の記事はそんなあなたへの提案です。

 

 

マッチングアプリなら「タバコOK」の人が簡単に見つけられる

方法は簡単です。

 

どのマッチングアプリでも登録したらプロフィールを書くことになっています。

 

そこで「タバコを吸う」にチェックを入れればいいのです。

 

それだけです。

 

そうすれば候補者の人数が激減します。

 

これでいいのです。

 

 

ありのままの自分で相手を探す方が楽!

出会い系で相手を探すことが目的ではありません。

 

タバコを吸うことを隠して異性と出会い、ちょっと遊びたいならそれでもいいかもしれません。

 

今探したいのは「結婚相手」でしょ!

 

であればタバコに限らず自分を偽らないことです。

 

自分を磨くための努力は大事です。

 

だけどそれとこれとは別問題。

 

だってタバコはやめられないわけだから、プロフィール偽って出会ってもどこかでボロが出ます。

 

だったら最初から堂々と「タバコを吸う」ことを公表してそれでもOKな人を探す方が効率的だし、付き合うのも楽ですよ。

f:id:ninkatsujuku:20180329232331j:plain

 結婚相手とは基本的に一生付き合っていくわけだから、生き方や生活習慣のベースとなる部分で気を遣わない相手を選ぶことが幸せな結婚生活を続けるコツです。

 

タバコは生き方の根幹をなす部分です。

 

タバコが嫌いな人は絶対的に嫌いだから結婚相手に喫煙者を選ぶことはまずありません。

 

タバコをやめられない人はどんなに努力したってやめられないからそれを受け入れてくれる相手としか結婚してはいけません。

 

マッチングアプリには数万人から多いアプリになれば数百万人の登録者がいます。

 

「タバコを吸う」にチェックを入れたとたん候補者が10分の1以下になるのはどのアプリも大体共通しています。

 

とは言え登録者の分母がもともと大きいので、激減したとはいえ数千人から数万人、あるいは十数万人は残っているのです。

 

この中からタバコ以外の条件を入れて相性のいい人を見つければいいのです。

 

簡単に見つかるはずです。

 

 

タバコを吸う人は同じ境遇の人を見つけやすい

 昨今喫煙者は虐げられています。

 

つらい思いをしているのです。

 

喫煙者は喫煙ルームという狭い空間に追いやられているので、肩身の狭い思いをしている者同士共感できる部分も多いのです。

 

ペアーズ のコミュニティで「タバコ」とか「喫煙」とか検索したら出てくるのは「タバコが死ぬほど嫌い」、「タバコ厳禁!」、「タバコを吸う人は恋愛対象外」「タバコ・ギャンブルしません」「タバコは苦手です」等、マイナスなものばかりが目立ちます。

 

改めてタバコの置かれている境遇を感じます。

 

だけど「恋愛で異性がタバコを吸っても気にしない人♪」「喫煙者でも気にしない」等、数は少ないけどタバコを愛する人のコミュニティも存在するのです。

 

それもそれぞれ3,000人以上の参加者がいるではありませんか?

 

タバコという共通の何ていうか、趣味でもない、どうしても離れらないもの、なくてはならないものを持っている同志の集まりというか結束力のようなものを感じずにはいられません。

 

寝起きの一服、食後の一服、同じ時間、同じタイミングでタバコを吸っている人はなかなか抜け出せないらしいけど、そんな強固にこだわるものを持っている人同士のつながりは本当に強いものがあります。

 

共に生きていくパートナーを探すんだから、凝縮した集まりの中から探すのが得策と考えます。