ネットで恋活婚活応援サイト

今すぐ彼氏彼女が欲しい人の応援サイトです

背の低い男性とつきあうデメリットはハイヒールを履けないこと?

「好きになった人がたまたま自分より背が低くても気にしないけど、ヒールのある靴を履けないのがちょっと寂しいな!」

 女性なら誰でもハイヒールに憧れるものです。

 普段履かない人でも友達の結婚式やパーティにはおしゃれしてハイヒールを履いて出かけたいものです。

 

「俺は気にしないからハイヒール履いてもいいよ」と言われても女性としては遠慮してしまいます。

身長158㎝の僕の妻は僕より少しだけ背が低いんだけどハイヒールはもちろん少し厚底の靴を履いたら僕より背が高くなります。

 自分は別に気にしないんだけどやっぱり妻は気にしているみたいです。

 写真を撮るときでも女性は男性より少し低くなったり、顔が小さく映るように下がったりして気を使っているのです。低身長男子としては女性が嫌味なくわざと少し低くしてくれるのはうれしいです。

 

実は僕はもともと女性のハイヒールってあんまり好きじゃないんです。

 ハイヒールを履いて出かけるようなところじゃなくて、歩きやすいスニーカーを履いて自然の中や神社に行く方が好きなので僕にとっては問題ないどころか、むしろ妻がハイヒールを履かない方がうれしいです。

 

ハイヒールってだいたい不自然じゃないですか。人間の足の指先があんなに細いはずがないです。外反母趾の原因にもなるし、血行不良になって健康にも悪いです。ねんざの原因にもなるので出来れば履かないでほしい。

 ハイヒール嫌い、すっぴん好き、自然派の僕にとっては妻があまり履かないのは好都合なんですが、世の中の女性はやっぱりハイヒールに憧れるものです。

 

低身長男子と付き合う女性が普段は気にしないけど、もし彼氏が自分より高かったらしてみたかったことを集めてみました。

 

目次

 

1.ハイヒールの起源は中世ヨーロッパの実用的な問題にあった?

ハイヒールの起源には諸説ありますが興味深いのは中世のヨーロッパの町で糞尿を避けるためであったというものです。

 当時下水が整備されておらず、容器で用を足しそれを川や溝、時には道にそのまま捨てていたのです。それを踏んでしまってはロングスカートの裾についてしまいます。

単に上げ底の靴では全体で踏んでしまうのでヒールを高くしてつま先とかかとの部分だけで歩けるハイヒールが開発されたという説なんですが…

 

中世ヨーロッパで道に糞尿を捨てたのは事実のようですが、現在のファッション性を重視したハイヒールとは関係なさそうです。少しホッとしました。

 

2.もし背の高い彼氏だったらしてみたかったこと

①彼の胸に顔をうずめたい

「背の高い彼氏の胸に思いっきり飛び込みたい」。かわいい元気な彼女に飛び込まれたら男としてはうれしいだろうな。

女性にとっては男性の大きな胸板に包まれると安心感というか、嬉しさが爆発するのではないでしょうか。

まあ、いきなり現実的な話で何ですが彼氏が小さくても座ってうずめればできますよ。家なら色んなシチュエーションでできるから楽しめばいいのです。

 

②彼を見上げてキスされたい

女性にとっては憧れですよね。デートの帰りにムードが高まった時、彼氏を見上げて幸せに触れる瞬間を待つ。

だけど実際には彼氏が低いから自分がしゃがまざるを得ない。あるいは彼氏が台に乗るとか…

まあ、これもかわいいからいいかな。

どうしても上を向いてしたいなら自分が地べたに座って彼氏に中腰になってもらえばできます。女性がベンチに座って男性が立っていてもOK!全く問題なし。

  

③彼の肩にもたれてみたい

彼の肩にもたれても自分が小さいから届かない。そんな彼女のことを彼も可愛いなと思って抱きしめる。そんな光景に憧れているわけですね。

うん、彼氏が小さくても大丈夫。膝枕は身長関係ないしイチャイチャする方法はいくらでもあります。

 

④足の長い彼が歩幅を合わせてくれる優しさを感じたい

ああなるほど。だけど合わせる彼氏は大変かもしれませんね。

 

⑤身長の話、ヒールへの憧れの話をしたい

これは納得。「気にしない」とは言え男性はやっぱりどこかで身長にコンプレックスを感じているものです。身長に限らず体格のことや過去のことなどで触れられたくないことにはあえて触れる必要はないでしょう。「親しき中にも礼儀あり」というか、思いやりは大事です。

 

3.彼氏のいる女性が言うなら問題なしだけど、いない人なら要注意

やっぱり男女とも付き合ったらしてみたいこと色々ありますよね。

ケーキを食べて「あーん」とか、恋人つなぎで歩きたいとか、ペアルックとか、星空デートとか、クリスマス、初詣に花見に花火、そして誕生日…

色々あるある楽しいこと。

たいていしようと思ったらできることばかりだけど、お互いの体格の状態でできないこともありますね。

仕方のないことだと諦めているけど、もし…だったらという思いもちょっとはあるのです。

 

こういった憧れ話は実際に彼氏のいる人、背の低い男性と付き合っている人がガールズトークの中で言うんだったらかわいいけど、彼氏のいない人が言ったらちょっと問題かもしれません。

 何故って「全部白馬の王子様を待っている夢見る夢子ちゃんから抜け出せていないだけ」だから。

 

実際に彼氏が出来たら憧れだけでは付き合えません

全然生まれも育ちも違う二人が付き合うんだから、習慣や考え方に戸惑うことも出てきます。

例えば僕はそばが苦手なのでそば屋にはいきません。うどんか丼ものがあったらそば屋も大丈夫。

妻はネギが苦手なのでいつも残すか、僕が食べます。

妻はディズニーランドが大好きだけど僕は苦手なので諦めて友達と出かけています。

僕はどちらかというと寒がりで、妻はどちらかというと暑がりです。

女性はショッピング好きな人が多いけど男性は必要なものだけ買ってさっさと帰りたい人が多い。うちも同じです。

 

こういうことを譲り合いながらつき合ったり暮らしたりするのです。

ちょっとした好みや習慣の違いなら合わせられるけど、生き方や根本的な好みの部分ですれ違いが出てきたら難しくなるでしょう。

 

だから恋人ができる前に憧れていたことは、出来るならすればいいけど、できなくても大した問題ではないと感じます。

 憧れだけで恋はできません。

 

4.低身長男子の婚活はマッチングアプリがおすすめ

マッチングアプリで身長を正直に入力した場合、170㎝を下回れば回るほどマッチング率は下がる傾向にあります。

低身長男子が人気だとは言えまだまだ少数派ないので仕方ありません。

だけど自分に合わない人を最初から省くという意味では正直に書くことをお勧めします。

どうせ会えば身長はバレるわけだから、会ってがっかりされるぐらいなら最初から正直に書いておいた方がいいでしょう。

pairs ではコミュニティで探すことで、身長を気にしない女性を見つけることができます。

 

5.女性の立場からすると背の低い男性に注目することで逆に理想の男性が見つかるかもしれない

 「背の低い男性」が理想のタイプという人はまずいないかもしれません。

 だけど「話の合う人」「フォーリングが合う人」「話し合いながら子育てができる人」など内面や実際の生活に即した条件をタイプに挙げる女性なら「背の低い人」を候補から外す手はないでしょう。

 

背の低い男性は高い人に比べるとモテないかもしれません。その分、一緒に生活するうえで必要な生活力、家事や子育てなどの面で協力的な人が多いです。

体格、体力で同級生に勝てなかった経験から、生きていくための手段や人付き合いの方法などを学んでいるからです。