ネットで恋活婚活応援サイト

今すぐ彼氏彼女が欲しい人の応援サイトです

低身長男子のメリットとデメリット!要はとらえ方次第で何とでもなる

低身長でもモテます。

モテないというのは間違いです。

要はとらえ方次第で何とでもなるんです。

 

身長が低いから「もてない」とか「彼女が出来ない」、「結婚できない」とかは言い訳です。

 確かに身長が低いと不利になったり不便なことはあるのでデメリットとして記しますが、読んでみるとたいしたことではないと気づくはずです。

 同時にメリットも書きますが、これもメリットとしてとらえられるかは本人次第、身長よりもほかの要素が絡んでいると思います。

 

身長について劣等感を持っていたり悩んでいる人の一助となれば幸いです。

 

目次

 

1.今の条件は変えられるものではないのでそのまま受け入れよう

成人しているなら身長はまず変わりません。22歳ごろまでは伸びる可能性もありますが微々たるものでしょう。

155㎝なら155㎝、165㎝なら165㎝のままです。年を取れば多少縮むことはあってもこれ以上伸びることはありません。

「三高」のうち「学歴」と「年収」はいくつになっても努力次第で変えられますが「身長」はどうしようもありません。

なので「そのまま受け入れましょう」。それしかありません。

 

「体重」だったり、「職場の人間関係」や「親子関係」「友達との関係」などについて悩んでいる人もいったん今の状態を受け入れることです。

これらは改善していけるものだけど、まずは今の条件をありのまま受け入れることから始まります。

 

「不摂生しなければこんな体重じゃなかったのに」、「こんな会社に入らなければよかった」「この親じゃなかったらなー」、「なんでこんなやつ(友達)と付き合っているんだろう」と悩んだとしてもあなたの選択した結果が今の状態なのです。

 

「食べることを選んだのはあなた」「就職先を選んだのもあなた」。親は選べないと思うかもしれないけど「今の親子関係のあり方を選んだのはあなた」(子供の頃の親の関わりの問題はあったかもしれないけど成人しているならもう自分の責任)、「友達を選んだのもあなた」です。

 

「身長」は変えられないし、「体重」「就職先」「親子関係」「友達関係」もすぐに変えられるものではありません。

だからまずは「すべては自分が選んでいる」ということを100%受け入れることから始めましょう!

 

155㎝とか165㎝など

「低いなー」ととらえるか「問題ないととらえるか」あるいは「ただ単に155㎝なんだ。165㎝なんだ」ととらえる。

おすすめはありのまま「155㎝なんだ。165㎝なんだ」ととらえること。

「ただそうである」。このことに何の評価も与えず判断も下さないこと。

 

今の体重然り。「○○kgである」。ただそれだけ。体型、おなか、太もも…

色々評価、判断したくなるけど、「ただそうである」ということ。

 

就職先もそう。給料、人間関係、通勤時間…。いろいろ言いたくなってもただいまあることを受け入れることから始めましょう。

 

親子関係も色々あるけど、ただこの人が自分の親であるということ。「生んでくれたことに感謝」できればいいのだけど、そんな気持ちになれないならまずは事実のみを受け入れましょう。

 

友達関係も同じです。喧嘩もしたけど「友達でいてくれてありがとう」。すぐにそう思えないならまず今ある状態をただ受け入れるのです。 

2.今ある条件に対するとらえ方を変える

事実は事実なんです。

「155㎝、165㎝」、「○○kg」「○○会社の社員、△△部の所属」「□□の息子として生きてきた事実」「××の同級生」など。

 

事実と感情を分けて考えられるようになるととらえ方を変えられるようにもなります。

 

「155㎝、165㎝」で彼女がいたり、結婚している男性もいるし、「だからもてない」と嘆いている人もいます。

「○○kg」で笑顔で毎日過ごしている人もいれば「太っているか痩せないと」って言いながら食べまくっている人もいるでしょう。

「○○会社の社員、△△部の所属」で日々充実して過ごしている人もいれば「なんでこんな会社で働いているんだろう」と後ろ向きな人もいます。

「□□の息子」で今までの人生を恨んでいるのか、「生んでくれたこと、この素子まで育ててくれたことに感謝」して生きるのか。

「××の同級生」で「なんでこんなやつと」と思うのか「楽しかったこと」を思い出として過ごすか。

 

要はすべて自分の選択です。

 

「身長」と「親子関係」以外は今後事実を変えることができます。

体重は増やすことも減らすこともできます。会社も転職すれば変えられます。友達も縁を切ってしまえばおしまいです。

一方身長はほとんど変わりません。

親子関係も実の親子なら法律上は切ることが出来ません。家の敷居をまたがせないとか今生二度と会わないなら法律と関係ないので出来ます。

 

変えられるか変えられないはそれぞれなのですが、まずは事実をその受け入れ、次にとらえ方を変えてみましょう。人生楽しく生きるには言うまでもなくポジティブにとらえることがです。会社や友達関係を変えるにしても感謝して次のステップに進む方が今後うまくいきやすいです。

 

3.低身長のメリット、デメリットととらえ方―ポジティブに生きるために 

「バカにされる・舐められる」→「親しみやすい・警戒されない」

おそらく子供の頃にバカにされたりなめられたりの経験があるのでしょう。大人になったらもうそんな考えは卒業しなければなりません。背が低いから「バカにされる・舐められる」と考えてしまう人は自分より背が低い人をバカにしたり舐めてかかったりするのでしょうか?自分自身が体格や見た目に関係なく相手を尊重したり親しみを込めて接するように心がければよいのです。そうすれば相手も自分をバカにしたり舐めたりはしていないことを理

解できるようになります。もし他人が自分をバカにしたり舐めたりと感じるならそれは身長以外のことに原因があります。自分の人へのかかわり方を見直してみましょう。

 

反対に背が低いことで警戒されにくく、親しみさすさを感じてもらえることはあります。ですが自分が人を警戒していたり、親しみを持ってかかわらなければそのメリットも生かせません。身長による第一印象は確かにあるにせよ、それは一部の要素にしか過ぎないということです。

 

「高いところのものが取れない」→「踏み台を使うか人に頼みましょう」

確かにこれはあります。物理的なことなので仕方ありませんがたいてい踏み台を使うことで解決します。多少面倒なだけです。踏み台を使っても届かないのは飛行機の荷物の出し入れぐらいでしょうか?踏み台が使えない場合は人に頼みましょう。背の高い客室乗務員の方が協力してくれます。

 

「人込みで迷子になりやすい」→「かくれんぼを楽しむ」

背の高い人は見つけやすいです。百貨店の食品売り場、初詣の人込み、クリスマスイルミネーション、コンサート会場、カウントダウンなど。迷子にならないよう注意しましょう。携帯で連絡を取り合ったり、迷子の呼び出しも活用してください。まあ確かに困ると言えば困るけど、話のネタにもなるし、話題として楽しみましょう。

 

「満員電車で息苦しい」→「苦しくない場所を確保する」

人より頭一つ出ている人は呼吸が楽だろうなと思います。背が低いとどうしても空気が薄い場所で過ごさないといけない気がします。息のくさい人の隣になると最悪です。女の人が髪の毛をかき上げるのも勘弁してほしいです。

 

ラッシュアワーの過ごし方はとにかく自分なりに安全地帯を確保くすることです。窓際も押しつぶされて窓や壁に当たって痛いです。込み具合にもよるけど窓際に誰か一人いるようにしてその次のポジションを確保すればちょっとはましかもしれません。

 

満員電車は確かに低身長の不利さを感じてしまう場所です。苦しいけど人生を左右するほどのことではないので諦めましょう。

 

「服や靴のサイズがない」→「小さいサイズのある店を見つける」か「ネット通販を使う」

現実的にはこれが一番不便を感じます。服はSかSSサイズになるのでないんですよね。気に入った服が見つかってもサイズがなくてがっかりすることは多いです。そうなると服を買うことが楽しくなくなるんです。低身長の人がおしゃれに興味がなくなる要因かもしれません。

 

靴は服以上に困ります。男性物はたいてい25cmからなんです。ほんと苦労しますよ。23.5cmかメーカーによっては24.0cmでも履けるんですがほどんどないわけです。感覚的ですがすべての靴の中で選択肢が2割ほどになってしまいます。だから小さいサイズも取り扱っている店か特定のメーカーのものしか履けなくなってしまいます。

 

メーカーにとってはあまり売れないサイズは作っても損をしてしまうので事情は分かるんですが、何とかならないでしょうか…

 

特に海外で2年間生活したときは困りました。日本でもサイズがないのに海外だと余計にありません。ダボダボ過ぎてほんと笑ってしまいます。そこで子供用ZARAで大人でもおかしくないデザインのものを買うという技を身につけました。またバザールに行くと小さいサイズでも結構いいものも手に入れられました。

 

まあ皆さん、それぞれ服を着て靴を履いて生活しているので何とかなっているわけです。

 

ところでネットで服を買ういいサービス見つけました。サイズがないと困っている人もおしゃれに関心がない人にもおすすめです。

 

余談ですが、海外の空港のトイレの小便器高すぎて困ります。ほんとギリギリなんです…。

 

「恋愛対象から外される」→「こっちから外す」

○○cm以下は恋愛対象外という人は一定数います。仕方ありません。

だけどこれは何も身長に限ったことではありません。

「親との同居はNG」

「タバコを吸う人はNG」

「遠距離恋愛はNG」

「日本国籍じゃない人はNG」

「年収〇百万円以下の人はNG」

「職業が○○の人はNG」

「共働きNG」

「身長〇cm以上はNG」

「太っている人はNG」

「痩せている人はNG」

「初婚じゃなきゃNG」

「子供いる人はNG」

「○○歳以上はNG」

「○○歳以下はNG」

「ギャンブルする人はNG」

「アニメおたくはNG」

「納豆好きの人はNG」

「週に3回以上映画を見ない人はNG」

「ゴミ出ししてくれない人はNG」

「いびきがうるさい人はNG」

 

最後の方はほとんど思い付きです。NGが多ければ多いほど選択肢は狭まります。

だけどどうしてもこれは嫌と思ったら無理です。

だけどある程度NGがあった方が相手を見つけやすいのです。逆に選択する範囲がはっきりするので選びやすいわけです。

「○○cm以下はNG」なら最初からその人たちを除外した中から相手を見つけることができます。身長の条件が入ると人数が激減しますがゼロにはなりません。外れてくれた方が「身長を気にしない人」が見つけやすいのです。

 

4.条件を入れて結婚相手を探すならマッチングアプリがおすすめ

マッチングアプリで身長を正直に入力した場合、170㎝を下回れば回るほどマッチング率は下がる傾向にあります。

低身長男子が人気だとは言えまだまだ少数派ないので仕方ありません。

だけど自分に合わない人を最初から省くという意味では正直に書くことをお勧めします。

どうせ会えば身長はバレるわけだから、会ってがっかりされるぐらいなら最初から正直に書いておいた方がいいでしょう。

ペアーズではコミュニティで探すことで、身長を気にしない女性を見つけることができます。

 

5.とらえ方次第で人生何とでもなる

「身長」にターゲットを絞って記事を書きましたが、何にしてもとらえ方次第で何とかなります。同じ人生送るなら楽しい方がいいに決まっています。

楽しく前向きな人のところに人は集まりやすいのです。引き寄せの法則が働くから暗く後ろ向きな人のところにも適した人が集まります。

ですが結婚は幸せな人がするものなんです。だから幸オーラいっぱいの人のところに結婚したい人が寄ってきます。そういうものです。

あと結婚はタイミングだし、うまくいくときは行くものです。

このサイトにたどり着いてくれた人は「結婚したいけど身長が気になって…」という人だと思います。

結婚が決まるときは人生が好転する時だし、今まで気にしていたことを手ばなす時かもしれません。結婚によって住居や人間関係にも変化が起きます。結婚相手の家族や親せきとも付き合いが始まるし、今まで付き合っていた人の見る目も違ってくるので人生観が変わります。

 

身長が気になって彼女を作ることに躊躇していた人に彼女が出来て結婚が決まるとそのプロセスで自分の内面にもいろいろな変化が起きているので、思わぬ方向からギフトがやってきたりします。

 

結婚は楽しいですよ。あなたに幸せが訪れることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。