ネットで恋活婚活応援サイト

今すぐ彼氏彼女が欲しい人の応援サイトです

金持ちに出会うだけなら意味がない!結婚への道のりを徹底検証

金持ちとの結婚。玉の輿。女性なら誰もが一度は憧れるものです。

金持ちと結婚したら欲しいものは何でも買えるし、好きなことをして一生過ごせそう。

子どもにも我慢させなくていいし、いい教育も受けさせられます。

だけど、そうは言っても現実的にはねえ。

 

やっぱり夢物語でしょうか?

 

そんな簡単に諦めないでください。

「金持ちと結婚したい」というのは漠然としすぎています。

これを気持ちの面と現実的な面から検証し、実現可能かどうか考えてみましょう。

 

目次

 

1.そもそもなぜ金持ちと結婚したいと思うのか?

お金に苦労しなくていい

「苦労」の基準が人によって異なります。

・両親が借金を作って毎日のように取り立てに来て、怖い思いや情けない思いをしていた。

・家族の誰かが病気がちで高額医療を受けていた。そのために生活費を削り、親戚にも借金をしていた。

・両親が離婚し、母親と兄弟が生活保護を受けながら小さなアパートで暮らしていた。

・父親はほぼ年代別の平均的な収入のあるいわゆる庶民の一般的な家族4人、贅沢をしなければ普通に暮らしていくことはできたが行きたかった東京の私立大学に行くことは諦めて地元の大学に奨学金をもらいながら通った。

・父親が会社経営をしており、調子のいいときの収入は平均年収の倍ほどあったがバブルの崩壊とともに資金繰りが苦しくなって倒産した。父親は60歳を過ぎて知り合いの会社に就職した。

・小さいときに両親が離婚した。父親が大企業の役員をしており1500万円以上の収入があったので欲しいものは何でも買ってもらえたが父親はほとんど家におらず寂しい思いをしていた。お金のために働かなくていいほど資産のある人と結婚したい。

・自分は大学を卒業して大企業に就職し25歳女性の平均年収321万円より多くもらっているが一人暮らしをしており、年に3~4回海外旅行に行くので生活がギリギリだ。

・30歳の看護師で同い年の友達に比べると稼いでいるほうだが、夜勤も多く仕事が忙しく体力が続かない。転職をしたいが今の生活のレベルは落としたくない。

 

→人によって苦労の基準が違うのでどれぐらいのお金があればその苦労がなくなると考えているのか、あるいはお金を得るために必要な時間と労力が惜しいと考えている(不労所得のある人と結婚したい)のかなどが異なります。

 

お金持ちの世界を体感したい

・立派な豪邸に住みたい。

・毎日エステに通い、友達とのランチや趣味のテニスを楽しみたい。

・年商10億円の会社を経営する社長夫人となり自分も経営に参加したい。

・年収1億円のスポーツ選手の奥さんになり、有名人との交流を楽しみたい。

・売れっ子作家の奥さんとして陰ながら夫を支えたい。

・資産家の息子と結婚して、世界中を旅したい。憧れは豪華客船「ダイヤモンドプリンセス号」とクルーズトレイン「ななつ星in九州」。

 

→憧れだけでは現実化しないでしょう。夢が実現したときどんな気持ちになるのかを想像してみましょう。豪邸に住んで何をしますか?毎日趣味三昧で飽きませんか?たくさんの個性豊かな人との交流を本当に楽しめますか?

 

お金を気にせず好きなことに打ち込みたい

・子どもを一流のスポーツ選手に育てたい。そのために自宅を練習場にして優秀なコーチを雇い、遠征や海外に留学させるためにお金を使いたい。

・陶芸の世界を極めたい。だから仕事や家事をしている暇はない。

・古民家を改装して自然食のレストランを経営したい。野菜は自家栽培、家畜も買いたい。だから資金を出してほしい。

・女性の識字率を上げる活動を通して世界の平和に貢献したい。自分の生活費と活動費が必要だ。

・趣味でボルダリングを始めたが、世界レベルになるには練習時間が足りない。仕事をやめて競技に集中できる環境が必要だ。遠征に出かける費用を出してくれるパートナーが欲しい。

 

→自分のやりたいことを描くだけでお金を出してくれる人はいません。お金持ちのパートナーにとってあなたは必要な人ですか?

 

その年齢の平均年収以上稼いでいる人と結婚したい

・まじめに勉強をして一流メーカーに勤めている人なら平均年収以上稼いでいるはずだし、社会人としての責任を果たしている人とならきっちりとした家庭を築いていけるはずだから。

 

→理由か明確化していればいるほど実現しやすくなります。

 「お金持ちと結婚する」ことをどれぐらい本気に描いているか、そしてどれくらいイメージ出来ているかが重要になってきます。 

まずは「なぜお金持ちと結婚したいのか」を明確にしましょう。

  

2.どんな職業でいくら稼いでいる(或いは持っている)お金持ちと結婚したいのか?

現実化させるためには目標を具体的にしていくことが必要となります。漠然と「お金持ち」と言っているだけでは次に進むことはできません。

「えっ、本当にお金持ちと結婚するのかぁ」とびっくりしている人もいるかもしれません。

「なんとなく口にしてみただけなのになんだかマジな話になってきたみたい」

そうですよ。

本当に「お金持ちと結婚するにはどうすればいいのか」という話をしているのですから。

 

自分と近いレベルできっちり稼いでいる人という意味での「お金持ち」

30歳女性の平均年収が372万円で、男女の平均が416万円です(2017年DODA調べ)。これをもとに考えてみます。

年収400万円弱の年収がある女性にとって「きっちり稼いでいる人」というのは600万円ぐらいからを言うのでしょうか。

男性の平均年収が600万円を超えるのは46歳です。20代や30代で600万円稼いでいる人の職業は「投資銀行業務」「戦略・経営コンサルタント」「運用(ファインドマネージャー/ディーラー/アナリスト)」、「証券会社の営業職」、「医薬品メーカーの営業職」、「たばこメーカー」や「信託銀行」などに勤めている人たちです。

 

最低自分の倍ぐらいの年収は欲しい

ということは800万円が最低ラインになりますね。

平均年収で800万円を超えるのは59歳となりますから、おそらく結婚相手に求めるのは平均年収的な人じゃなくかなり稼いでいるエリートとなるでしょう。

今現在800万円稼いでいる人じゃないといけないのか将来的に稼ぐ可能性のある人と結婚するかによっても違ってきます。

 

お金持ちというからには年収はやっぱり1,000万円以上でしょう

企業に勤めていても年収1,000万円以上の人はいます。パイロット、商社、テレビ会社、外資系企業などです。また医師・歯科医師、大学教授、外交官、弁護士なども1,000万円以上稼ぐ人が多いと言われています。いずれも勤める会社や病院等によります。

厚生労働省、国税庁の統計によると年収1,000万円以上の人は男性の7%、女性の1%、男女合わせると5%です。すごく限られた一握りの人達であると言えるでしょう。

また人の命を預かる仕事、国の代表として、教育者として責任ある仕事、お金を集める仕事が多いのも特徴です。

 

本気で狙っています年収3,000万円以上の男性

医療法人施設の病院長や上場株式会社取締役レベルの年収です。結婚適齢期の男性では難しそうですよ。人口の0.2~0.3%ですからその中で適齢期となると…

いないわけではありません。大企業の幹部候補生とか経営者、株やFX、不動産投資で稼いだとかビジネスオーナーであったりとかです。

一般に企業に就職して…という生き方では到底たどり着けない年収ですね。

 

「金持ち」と言えば当然年収1億円越えじゃないですか?

2017年「労働力調査」によると就労者3195人に1人(0.031%)、全人口の6,174人に1人です。サラリーマンで1億円を稼げるのは大企業の社長ぐらいです。会社役員の平均年収は3,000万円ですからトップ中のトップでないと1億円は稼げません。

 

スポーツ選手だとプロ野球の外国人を除く2017年の1億円プレーヤーは支配下選手840人中66人です。Jリーガーだと2018年で564人中9人のみ、競艇選手2017年で5人、中央競馬会の騎手で2017年137人中10人。いずれもトップ中のトップ選手だけが届く数字です。それも成績が下がれば年俸も下がるし、まして引退すればそれだけのお金を稼ぐことは難しくなります。

 

医者や弁護士で1億円を稼ぐ人はいますが、個人では難しく、優秀な人材を集めて組織のトップとして活躍している人に限られています。

 

芸能人、歌手で大物と呼ばれる人は1億円以上の年収があります。

 

株やFXのトレーダーで1億稼ぐ人はいます。ごく限られた成功者の一部ですが、ほかの業種に比べると1億円への道は開けている世界のようです。

 

資産家として土地や有価証券などを持っているかあるいは不労所得で1億円以上を稼ぐ人も世の中には存在します。

 

3.どこに行けば金持ちと出会えるのか?

経営者や起業家向けのセミナー

確かに出会える可能性は高いです。セミナーにもよりますが経営者や起業家がたくさん参加しるし、講師や主催者はよりお金を稼いでいると思われます。

 いいセミナーを探し、お金持ちの人と知り合いになることはできました。

だけどここからどうしましょう。名刺交換をした程度ではその後のお付き合いには発展しません。

 

セミナーに参加する人は基本的に目的を持って勉強をしに来ているわけだし、同じ志を持った人と知り合うためにも来ています。 

それに様々な年齢層の方が参加しているのであなたが望む相手かどうかという問題もあります。もちろん交友関係を深めていけばその方を通して結婚相手に巡り合えることもあります。

 

だからセミナーを通して出会おうと思えば自分自身もその分野のことに対して探求心を持つ必要があると言えるでしょう。

将来起業することを視野に入れていたり、もうすでに何らかのアクションを起こしているとか、「この子勉強熱心だなぁ」と思ってもらえれば人脈が広がります。

 関連記事

セミナーでお金持ちと出会い学びを得た上で結婚するためには? - ネットで恋活婚活応援サイト

 

友達の友達…「わらしべ長者スタイル」で紹介してもらう

大企業に勤めている友達がいるなら紹介してもらうのも手です。

友達の友達、親の知り合い、知り合いの親のまた友達。色々たどっていけば知り合える可能性はあります。

 30代で年収1,000万円稼いでいる人は基本的に多忙です。女性と付き合った経験の少ない人もいます。仕事ばっかりしていて「気が付いたら適齢期」ってこともよくあるのです。

 紹介をする方にとっても責任があります。自分がお金持ちの男性にとってふさわしい女性かどうかを見つめてみる必要はあるでしょう。

 

「わたしじゃ無理かも…」っていきなり諦めないでください。

 

お金持ちの男性すべてが「容姿端麗」「誰とでも気さくにしゃべれる社交的な人」「料理ができる」「明朗活発」な女性を望んでいるわけではありません。

「一緒にいて安心できる」とか「話していて楽しい」とか意外と普通の女性を望んでいたりするものです。健康面などをきっちり管理してくれそうな年上の女性を選ぶこともあります。

 

結婚相談所やマッチングアプリを利用する

お互いに「結婚相手」を探しているという点では話が早いと思います。それ以外の出会いの場では出会う目的が違ったりします。セミナーなどでは「ビジネスパートナー」や「起業の相談相手や励まし合える仲間」、「好きな時に会える女友だち」を求めている人もいるわけですから。

 

収入を胡麻化して登録する人がいないとも限りません。身分証明証や収入証明証が必要な結婚相談所やマッチングアプリを選べば間違いありません。

結婚相談所の場合は専門のスタッフが直接相談に乗ってくれます。料金は高いです。10万円、20万円、場合によってはもっとかかることもあります。「金持ち」と結婚するんだから必要な投資と割り切れるなら一番お勧めできます。

 

マッチングアプリなら女性は無料のところが多いです。20代の女性なら高収入の男性からのアプローチが期待できるでしょう。自分で写真をアップしたりプロフィールを書いてメールのやり取りなどまめに行動できる人には向いています。セキュリティがしっかりしているサイトを選べばおかしな人と出会うことも少なく済みます。

 

何のつてもない人がプロスポーツ選手に出会うのはほとんど無理

偶然出会えても「サインください」「握手してください」で終わってしまいます。

プロスポーツの世界で1億円とか数千万円稼いでいる人は少ないです。

高校や大学、社会人を経てドラフトにかかりプロ野球選手になっても数年のうちにほとんどがやめて別の世界に行く人が多いのです。特定のスポーツしか知らなくて別の道に進むのはかなり大変です。

 

アナウンサーなど華やかな世界にいた人がプロスポーツ選手の奥さんになっているケースが目立ちますが、意外と多いのが学生時代から付き合ってた人との結婚です。若い時、全然稼げていない時から支えてくれたので、その世界を離れても一緒に暮らしていける人を選ぶことが多いようです。

 

成績次第で収入の浮き沈みが激しい世界だし突然クビを切られることもザラなので「お金持ちと結婚」するための対象としては向いていません。

 

4.実際に金持ちと結婚できるチャンスはあるのか?

金持ちの立場になって結婚を考えてみよう

・資産100億円持ってるけどお金を湯水のように使われたら困る。

・毎日1万円の懐石ばかりじゃ飽きる。500円のラーメンも100円のみたらし団子も好き。

・リッツカールトンもいいけどインドの寺院を巡る旅も好き。ガンジス河で沐浴もしてみたし、一緒に旅を楽しめるパートナーが欲しい。

・年収1,000万円だけど「自分がお金持ちとは思っていない」。収入は大事だけどあんまり意識せずに結婚したい。

→「お金持ち」というのはその人の一面にすぎません。それ以外の面でもちゃんと自分と向き合ってくれる女性を望むのは基本と言えるでしょう。

 

そして出会った金持ちと結婚する方法は?

出会うだけならそれほど難しくない

年収制限のある結婚相談所に行けば「金持ち」と出会うチャンスはあります。そこからデートを重ね結婚に至るかどうかは本人次第なので何とも言えません。

「金持ち」も普通の人なので、出会った後は相性やタイミングです。

 

これから金持ちになる人を狙う方が現実的?

起業家や医学生、芸人や作家を目指している人など今はお金はないけど夢はあるという人を探すのはどうでしょう。若いしエネルギーがあります。下積みの時から愛を育めば成功したときの喜びもひとしおです。

  

夫婦で年収1,000万円!現実的な幸せをつかむ

夫700万円妻、300万円。夫600万円、妻400万円。結構現実的な線ですね。玉の輿に乗ることばかり考えないでこういう選択はいかがでしょうか?

世帯収入が年収1,000万円あれば結構不自由なく暮らせます。ローンで5,000万円の一戸建てやマンションも難なく組むことができるし、子供の学費も割と無理なく支払うこともできます。

子どもがいなければ海外旅行も年に数回できますよ。

 

5.結婚してどんな人生を歩んでいきたいかが大事

「お金持ちと結婚したい」と夢を描くのはいいことです。結婚すれば(しなくても)お金は必要になるし、その額が多ければ多いに越したことはありません。

ただ誰と結婚するにしても、その人と結婚してどんな人生を歩んでいきたいかということを明確にしておくことが大事です。

収入だけよくても一緒に過ごす時間が極端に少なかったり、話をしていても面白くなければ人生がつまらないものになってしまいます。

極端な話、今の収入がなくなってしまったとしても一緒にいたいか、この人となら何とかなりそうだと思えるか、などが結婚の決め手となるのではないでしょうか?